前頭葉機能試験に挑戦!

前頭葉機能試験とは、痴呆症の検査にも使われます。
きっかけは
開発に必要な能力の衰えはないか? と心配で、自己診断してみました。
検査の結果で判ること
前頭葉の試験結果は IQの高さ ではありません。
観察力・注意力・判断力に関することです。
その結果、プログラマが天職のようです。
結果は
 Test A 33秒
 Test B 35秒
平均値は

Test A の平均値
20代  66.9秒
30代  70.9秒
40代  87.2秒
50代 109.2秒
60代 157.6秒

Test B の平均値
20代  83.9秒
30代  90.1秒
40代 121.2秒
50代 150.2秒
60代 216.2秒

私の場合は
Test A 33秒
Test B 35秒
寝不足で疲れている時に試験したにも関わらず
予想以上の結果でした。

私は、20代の2.3倍、同世代の4.3倍の処理能力の前頭葉らしい。
デメリット
 同世代の会話では、話しの展開が早すぎて輪に馴染めない。
 仕事の遅い人と一緒に作業することが苦痛。
メリット
 大規模システムでさえも一人で容易に開発できる。
 開発時間も短縮できる。
 結果とて、お安く提供できる。
念を押しておきますが、前頭葉検査はIQの高さではないので頭が良い、ということではありません。
同時に複数の条件を考慮して考える能力なので、プログラマに向いているということです。
20代の頃、同じ前頭葉試験では20代の1.5倍位ということで、まあまあ褒められる程度のレベルで、秀でているというほどではありませんでした。
20歳をすぎて脳が発達するとうことは考えにくいのですが、
プログラマという仕事を続けた結果、衰えるはずの脳が、更に鍛えられたのかも知れません。
 この能力のおかげで、他社が真似できないほどの人件費を削減でき、結果として早くお安くご提供できます。
生まれ持ったこの能力を活かして、これからも沢山のwebシステムを開発していきます。
是非、お気軽にご相談下さい。

web業界の3秒ルール 4秒かかればハイサイト??

自社のサイトを素敵に見せたいという思いから
jQueryなどで動きを付けたり、複雑なことをやって見せたいとか
やるのはいいのですが
表示に3秒以上かかったら 見てもらえません。
そのことを知らない自己満足サイトにならないようにしましょう。

多機能を盛り込んでも、きちんとした技術者が制作すれば3秒超えるような作り方はしません。
なんちゃって制作会社さんや、できるつもりのプログラマさん、などが製作者の98%を占めています。
わずか2%のまともな技術者に出会うことは、とても難儀ですが、素敵なサイトでも3秒いないに表示されなければハイサイト(廃サイト)です。

私供では、表示速度や軽快さを保ちつつ素敵なサイト作りを心がけています。
私のサイトは

PageSpeed Insights では100点満点

老舗の「サイト表示スピード測定」サイト では、常に上位 ひと桁代です。

プログレッシブ ウェブアプリ(PWA) 多くの制作会社はアホだった!

アプリ流行の初期からプログレッシブ ウェブアプリ(PWA)をおすすめしてきました。
残念ながらアホなアプリ屋さん(web制作会社)ほど、処理をスマホ側でやらなきゃアプリじゃないという
アホな考えほど一流と考える変な風習が蔓延していました。

最近「プログレッシブ ウェブアプリ(PWA)」という言葉が流行りだしたら
できる限りの処理をサーバー側で処理するほうが軽々に動く などと
以前からわかりきっているはずのことをやっと理解し始めたようです。
大手ほど、プライドが高いほど、このアホ状態が続きました。

私供は、そういうアホな考えはせずに、軽々に動くシステムを制作してきましたので
「プログレッシブ ウェブアプリ(PWA)」という言葉が流行っても流行らなくても
できる限りの処理はサーバー側で処理して、スマホ側は表示するだけというライト負荷での制作を心がけています。
何時の時代でも、何が流行っても、重い処理はサーバー側で処理して端末には負荷をかけないというのは絶対条件です。

最新のサーバーでEC-CUBE2系を動かすには?

2016〜2018年頃、レンタルサーバーでPHPやSQLのバージョンアップにより
いろんなオープンソースが対応できなくなるケースが多発しています。

EC-CUBE2系の場合、症状は様々ですが
・サイトが表示されない
・インストールが完了できない
・その他

それでも、EC-CUBE2系を希望されるお客様が多いので、なんとかしなければということで

対処方法を見る

フレームワークより早い制作手法 私独自の お客様のためにコスト削減の努力を続けます SQL文を半自動で作ってしまう

フレームワークというのは
頻繁に使うソースコードを関数として用意しておくものです。

プログラムの知識が少なくても組める反面

動作が重いというデメリットがあります。

CMS + フレームワーク ともなれば、重たくてまともに動かないサイトを多く目に止まります。

私どもでは

フレームワークを使わずに、ソースコードの半自動化を日々研究しています。
数年前に開発に成功したのが ”SQL文を半自動で書いてくれる”A.I.(人工知能)のようなものです。

このおかげで、製作コストを大幅に削減し、早く安く完成できるようになっています。

特徴

データベースを自動で読んできて、そのデータベースにあった インサートSQL アップデートSQL などを自動で書いてくれます。
スペルミスによりエラー調整の手間がなく、項目数が多くても少なくても関係なく 楽にプログラムを組むことが可能になりました。

記事本文はこちらです。

”速度改善” MyサイトWordPressの表示速度 国内2位 0.7秒 100点 TOPページの表示0.1秒で売上UP HTML最適化

このサイトのチューニング、日本の回線は大渋滞! というとで表示速度を計測してみた。

私が借りているサーバーはCORESERVERです。PHPの処理が遅いサーバーなので
検証の価値があります。

 
 

サイト表示スピード測定 | サーバレスポンス時間測定

http://site-speed.podzone.net/
一位とか二位とかですが、サイトがバグっています。
このサイトはながいこと放置されていて管理者と連絡もつきません。

上位を占めている wadaxさん の実態はGMOなので、GMOさんと同等であることは光栄です。

 
 

PageSpeed Insights (Google)

98点です。 −2点はサーバーレスポンスの遅延なのでどうにもなりません。
100点にするにはサーバー変えるしかないですね。

 
 

GTmetrix

https://gtmetrix.com/
メインページ2秒弱、ポータル的なページなので、このくらいで表示できればOKです。