安心してご依頼頂くために

ネットでの仕事を発注するには、様々な不安がつきまといます。
 ・騙されないか?
 ・支払ったら音信不通にならないか?
 ・本当に作れるの?

お客様の不安を軽減し、安心して発注していただくための工夫をしています。

お仕事マッチングサイトのメリット

直接依頼のメリット

直接依頼の不安

信頼できるクリエイターの見分け方

後払の仕事を引受ける人の問題点

お仕事マッチングサイトのメリット

お仕事マッチングサイトとは、Crowdoworks, Lansers, ココナラ、などです。

お客様が「お仕事マッチングサイト」を通して発注したい。
というお考えならば、お客様の考えに従います。
(以下は読まずに、ご依頼いただいてOKです。)

しかし、問題が多いことを、前もってお話しておくことは
知っているものとして義務だと思います。

匿名のやりとりなので
 安易に応募する人が多い
 出来もしないのに応募する人が多い
 制作費だけ持ち逃げする人がいる
 問題が生じても、訴訟を起こせない

営業言葉の上手な人を、良い人と勘違いして発注してしまう。
(逆)本当に出来る人を見極めることが困難。

応募者のうち、まともに制作できる人は、2%ほどと言われています。

仮払いとは、サイトに預けるだけのこと。
製作者に支払われるのは、完成からずっと先です。
支払の遅いお客様という扱いになるので、サービス作業を受けにくいです。

1)匿名 2)サイトにお金を預ける この2点によリ
デメリットが多いです。

直接依頼のメリット

 お互いに、住所氏名を証して、郵送で契約書をかわすので
 心配はありません。
 契約書を省略するケースもありますが、相手の住所・氏名・電話番号を知っている。
 電話での連絡もOKというのは大きな安心材料です。
 もし、問題が生じても、相手が誰かわかっているので、訴訟で解決できます。
 デメリットは皆無です。

 ひとつだけ注意したいのは、製作者の住所です。
 私のように田舎の一戸建てなら、逃げも隠れも出来ません。
 しかし、アパートやマンションの場合は、「住所貸し」を利用しているケースも多いです。

信頼できるクリエイターの見分け方

まず初めに、
ポートフォリオ(制作実績)の見せ方に注意しましょう。
サイト一覧みたいな見せ方が流行っていますが
大概は、丸投げして下請けに支払わないような業者が多く
トラブルに巻き込まれる可能性が大きいです。

次に、どんなふうに実績を見せればいいのか?
お客様が最も気になることだと思います。
私のように、ソースコードの事例をたくさん公開していれば
間違いなく制作できる人です。
ただ、問題は、お客様が見ても理解できるものではありません。

後払の仕事を引受ける人の問題点

・技量に自信がないから、後払でも仕方ない。
・後の心配などしていないほど、読みが浅く、仕事をもらえただけで喜ぶ。
・無責任な丸投げ業者
後払だと、安心して依頼できそうと勘違いするお客様も多いようです。
しかし、大切な時間を無駄にするという、大きなリスクがあります。