MySQLのお勉強!

MySQL TOP

13.1.17 CREATE TABLE 構文

CREATE [TEMPORARY] TABLE [IF NOT EXISTS] tbl_name
    (create_definition,...)
    [table_options]
    [partition_options]

CREATE [TEMPORARY] TABLE [IF NOT EXISTS] tbl_name
    [(create_definition,...)]
    [table_options]
    [partition_options]
    select_statement

CREATE [TEMPORARY] TABLE [IF NOT EXISTS] tbl_name
    { LIKE old_tbl_name | (LIKE old_tbl_name) }

create_definition:
    col_name column_definition
  | [CONSTRAINT [symbol]] PRIMARY KEY [index_type] (index_col_name,...)
      [index_option] ...
  | {INDEX|KEY} [index_name] [index_type] (index_col_name,...)
      [index_option] ...
  | [CONSTRAINT [symbol]] UNIQUE [INDEX|KEY]
      [index_name] [index_type] (index_col_name,...)
      [index_option] ...
  | {FULLTEXT|SPATIAL} [INDEX|KEY] [index_name] (index_col_name,...)
      [index_option] ...
  | [CONSTRAINT [symbol]] FOREIGN KEY
      [index_name] (index_col_name,...) reference_definition
  | CHECK (expr)

column_definition:
    data_type [NOT NULL | NULL] [DEFAULT default_value]
      [AUTO_INCREMENT] [UNIQUE [KEY] | [PRIMARY] KEY]
      [COMMENT 'string']
      [COLUMN_FORMAT {FIXED|DYNAMIC|DEFAULT}]
      [STORAGE {DISK|MEMORY|DEFAULT}]
      [reference_definition]

data_type:
    BIT[(length)]
  | TINYINT[(length)] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | SMALLINT[(length)] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | MEDIUMINT[(length)] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | INT[(length)] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | INTEGER[(length)] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | BIGINT[(length)] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | REAL[(length,decimals)] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | DOUBLE[(length,decimals)] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | FLOAT[(length,decimals)] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | DECIMAL[(length[,decimals])] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | NUMERIC[(length[,decimals])] [UNSIGNED] [ZEROFILL]
  | DATE
  | TIME[(fsp)]
  | TIMESTAMP[(fsp)]
  | DATETIME[(fsp)]
  | YEAR
  | CHAR[(length)]
      [CHARACTER SET charset_name] [COLLATE collation_name]
  | VARCHAR(length)
      [CHARACTER SET charset_name] [COLLATE collation_name]
  | BINARY[(length)]
  | VARBINARY(length)
  | TINYBLOB
  | BLOB
  | MEDIUMBLOB
  | LONGBLOB
  | TINYTEXT [BINARY]
      [CHARACTER SET charset_name] [COLLATE collation_name]
  | TEXT [BINARY]
      [CHARACTER SET charset_name] [COLLATE collation_name]
  | MEDIUMTEXT [BINARY]
      [CHARACTER SET charset_name] [COLLATE collation_name]
  | LONGTEXT [BINARY]
      [CHARACTER SET charset_name] [COLLATE collation_name]
  | ENUM(value1,value2,value3,...)
      [CHARACTER SET charset_name] [COLLATE collation_name]
  | SET(value1,value2,value3,...)
      [CHARACTER SET charset_name] [COLLATE collation_name]
  | spatial_type

index_col_name:
    col_name [(length)] [ASC | DESC]

index_type:
    USING {BTREE | HASH}

index_option:
    KEY_BLOCK_SIZE [=] value
  | index_type
  | WITH PARSER parser_name
  | COMMENT 'string'

reference_definition:
    REFERENCES tbl_name (index_col_name,...)
      [MATCH FULL | MATCH PARTIAL | MATCH SIMPLE]
      [ON DELETE reference_option]
      [ON UPDATE reference_option]

reference_option:
    RESTRICT | CASCADE | SET NULL | NO ACTION

table_options:
    table_option [[,] table_option] ...

table_option:
    ENGINE [=] engine_name
  | AUTO_INCREMENT [=] value
  | AVG_ROW_LENGTH [=] value
  | [DEFAULT] CHARACTER SET [=] charset_name
  | CHECKSUM [=] {0 | 1}
  | [DEFAULT] COLLATE [=] collation_name
  | COMMENT [=] 'string'
  | CONNECTION [=] 'connect_string'
  | DATA DIRECTORY [=] 'absolute path to directory'
  | DELAY_KEY_WRITE [=] {0 | 1}
  | INDEX DIRECTORY [=] 'absolute path to directory'
  | INSERT_METHOD [=] { NO | FIRST | LAST }
  | KEY_BLOCK_SIZE [=] value
  | MAX_ROWS [=] value
  | MIN_ROWS [=] value
  | PACK_KEYS [=] {0 | 1 | DEFAULT}
  | PASSWORD [=] 'string'
  | ROW_FORMAT [=] {DEFAULT|DYNAMIC|FIXED|COMPRESSED|REDUNDANT|COMPACT}
  | STATS_AUTO_RECALC [=] {DEFAULT|0|1}
  | STATS_PERSISTENT [=] {DEFAULT|0|1}
  | STATS_SAMPLE_PAGES [=] value
  | TABLESPACE tablespace_name [STORAGE {DISK|MEMORY|DEFAULT}]
  | UNION [=] (tbl_name[,tbl_name]...)

partition_options:
    PARTITION BY
        { [LINEAR] HASH(expr)
        | [LINEAR] KEY [ALGORITHM={1|2}] (column_list)
        | RANGE{(expr) | COLUMNS(column_list)}
        | LIST{(expr) | COLUMNS(column_list)} }
    [PARTITIONS num]
    [SUBPARTITION BY
        { [LINEAR] HASH(expr)
        | [LINEAR] KEY [ALGORITHM={1|2}] (column_list) }
      [SUBPARTITIONS num]
    ]
    [(partition_definition [, partition_definition] ...)]

partition_definition:
    PARTITION partition_name
        [VALUES 
            {LESS THAN {(expr | value_list) | MAXVALUE} 
            | 
            IN (value_list)}]
        [[STORAGE] ENGINE [=] engine_name]
        [COMMENT [=] 'comment_text' ]
        [DATA DIRECTORY [=] 'data_dir']
        [INDEX DIRECTORY [=] 'index_dir']
        [MAX_ROWS [=] max_number_of_rows]
        [MIN_ROWS [=] min_number_of_rows]
        [TABLESPACE [=] tablespace_name]
        [NODEGROUP [=] node_group_id]
        [(subpartition_definition [, subpartition_definition] ...)]

subpartition_definition:
    SUBPARTITION logical_name
        [[STORAGE] ENGINE [=] engine_name]
        [COMMENT [=] 'comment_text' ]
        [DATA DIRECTORY [=] 'data_dir']
        [INDEX DIRECTORY [=] 'index_dir']
        [MAX_ROWS [=] max_number_of_rows]
        [MIN_ROWS [=] min_number_of_rows]
        [TABLESPACE [=] tablespace_name]
        [NODEGROUP [=] node_group_id]

select_statement:
    [IGNORE | REPLACE] [AS] SELECT ...   (Some valid select statement)

CREATE TABLE は、指定された名前を持つテーブルを作成します。このテーブルに対する CREATE 権限が必要です。

許可されるテーブル名のルールは、セクション9.2「スキーマオブジェクト名」に示されています。デフォルトでは、テーブルは InnoDB ストレージエンジンを使用して、デフォルトデータベース内に作成されます。テーブルがすでに存在する場合、デフォルトデータベースが存在しない場合、またはデータベースが存在しない場合はエラーが発生します。

特定のデータベース内にテーブルを作成するには、テーブル名を db_name.tbl_name として指定できます。そのデータベースが存在すると仮定すると、これは、デフォルトデータベースが存在するかどうかには関係なく機能します。引用符で囲まれた識別子を使用する場合は、データベース名とテーブル名を個別に引用符で囲みます。たとえば、`mydb.mytbl` ではなく、`mydb`.`mytbl` と記述します。

一時テーブル

テーブルの作成時に TEMPORARY キーワードを使用できます。TEMPORARY テーブルは現在のセッションにのみ表示され、そのセッションが閉じられると自動的に削除されます。つまり、2 つの異なるセッションが同じ一時テーブル名を使用することができ、互いに、または同じ名前の既存の TEMPORARY 以外のテーブルと競合することはありません。(既存のテーブルは、一時テーブルが削除されるまで非表示になります。)一時テーブルを作成するには、CREATE TEMPORARY TABLES 権限が必要です。

注記

TEMPORARY キーワードを使用した場合、CREATE TABLE は、現在のアクティブなトランザクションを自動的にはコミットしません。

注記

TEMPORARY テーブルは、データベース (スキーマ) と非常に疎な関係を持っています。データベースを削除しても、そのデータベース内で作成されたどの TEMPORARY テーブルも自動的には削除されません。また、CREATE TABLE ステートメントでテーブル名をデータベース名で修飾した場合は、存在しないデータベース内に TEMPORARY テーブルを作成することもできます。この場合は、そのテーブルへの以降のすべての参照をデータベース名で修飾する必要があります。

同じ名前を持つ既存のテーブル

キーワード IF NOT EXISTS は、テーブルがすでに存在する場合にエラーが発生しないようにします。ただし、既存のテーブルの構造が CREATE TABLE ステートメントによって示されている構造と同一であることの検証は行われません。

物理表現

MySQL は、各テーブルを、データベースディレクトリ内にある .frm テーブル形式 (定義) ファイルで表します。そのテーブルのストレージエンジンによって、ほかのファイルが作成されることもあります。

InnoDB テーブルの場合、ファイルストレージは、innodb_file_per_table 構成オプションによって制御されます。このオプションがオフになっている場合、InnoDB テーブルおよびインデックスはすべて、1 つ以上の .ibd ファイルによって表されるシステムテーブルスペースに格納されます。このオプションがオンになっているときに作成された各 InnoDB テーブルでは、テーブルデータとそれに関連付けられたすべてのインデックスは、データベースディレクトリ内にある .ibd ファイルに格納されます。

MyISAM テーブルの場合は、ストレージエンジンがデータおよびインデックスファイルを作成します。そのため、MyISAM テーブル tbl_name ごとに 3 つのディスクファイルが存在します。

ファイル 目的
tbl_name.frm テーブル形式 (定義) ファイル
tbl_name.MYD データファイル
tbl_name.MYI インデックスファイル

第15章「代替ストレージエンジンでは、テーブルを表すために各ストレージエンジンがどのようなファイルを作成するかについて説明しています。テーブル名に特殊文字が含まれている場合は、セクション9.2.3「識別子とファイル名のマッピング」で説明されているように、その文字のエンコードされたバージョンがテーブルファイルの名前に含まれます。

カラムのデータ型および属性

data_type は、カラム定義内のデータ型を表します。spatial_type は、空間データ型を表します。示されているデータ型の構文は代表的な例にすぎません。カラムデータ型を指定するために使用できる構文の完全な説明や、各型のプロパティーに関する情報については、第11章「データ型およびセクション11.5「空間データの拡張」を参照してください。

属性の中には、すべてのデータ型には適用されないものがあります。AUTO_INCREMENT は、整数型と浮動小数点型にのみ適用されます。DEFAULT は、BLOB または TEXT 型には適用されません。

  • NULLNOT NULL のどちらも指定されていない場合、そのカラムは NULL が指定されたかのように処理されます。

  • 整数または浮動小数点のカラムには、追加の属性 AUTO_INCREMENT を指定できます。インデックスが設定された AUTO_INCREMENT カラムに NULL (推奨) または 0 の値を挿入すると、カラムは次のシーケンス値に設定されます。通常、これは value+1 です。ここで value は現在テーブルにあるカラムの最大値です。AUTO_INCREMENT シーケンスは 1 で始まります。

    行を挿入したあとに AUTO_INCREMENT 値を取得するには、LAST_INSERT_ID() SQL 関数または mysql_insert_id() C API 関数を使用します。セクション12.14「情報関数」およびセクション23.7.7.37「mysql_insert_id()」を参照してください。

    NO_AUTO_VALUE_ON_ZERO SQL モードが有効になっている場合は、新しいシーケンス値を生成することなく、0AUTO_INCREMENT カラム内に 0 として格納できます。セクション5.1.7「サーバー SQL モード」を参照してください。

    注記

    テーブルごとに存在できる AUTO_INCREMENT カラムは 1 つだけです。このカラムはインデックス付きである必要があり、DEFAULT 値を割り当てることはできません。AUTO_INCREMENT カラムは、正の値だけが含まれている場合にのみ正しく機能します。負の数を挿入すると、非常に大きな正の数を挿入したと見なされます。これは、数字が正から負にラップするときの精度の問題を回避すると同時に、0 を含む AUTO_INCREMENT カラムを誤って取得してしまわないようにするために行われます。

    MyISAM テーブルの場合は、マルチカラムキー内の AUTO_INCREMENT セカンダリカラムを指定できます。セクション3.6.9「AUTO_INCREMENT の使用」を参照してください。

    MySQL を一部の ODBC アプリケーションと互換性があるようにするために、次のクエリーを使用して、最後に挿入された行の AUTO_INCREMENT 値を見つけることができます。

    SELECT * FROM tbl_name WHERE auto_col IS NULL

    InnoDBAUTO_INCREMENT については、セクション14.6.5「InnoDB での AUTO_INCREMENT 処理」を参照してください。AUTO_INCREMENT と MySQL レプリケーションについては、セクション17.4.1.1「レプリケーションと AUTO_INCREMENT」を参照してください。

  • 文字データ型 (CHARVARCHARTEXT) には、そのカラムの文字セットと照合順序を指定するための CHARACTER SET および COLLATE 属性を含めることができます。詳細は、セクション10.1「文字セットのサポート」を参照してください。CHARSETCHARACTER SET のシノニムです。例:

    CREATE TABLE t (c CHAR(20) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_bin);

    MySQL 5.6 は、文字カラム定義内の長さの指定を文字数で解釈します。(MySQL 4.1 より前のバージョンでは、バイト単位で解釈されました。)BINARYVARBINARY の長さはバイト単位です。

  • DEFAULT 句は、カラムのデフォルト値を指定します。例外が 1 つあります。デフォルト値は定数である必要があるので、関数または式にはできません。これは、たとえば日付カラムのデフォルト値に NOW()CURRENT_DATE などの関数の値を設定できないことを意味します。例外として、TIMESTAMP または (MySQL 5.6.5 の時点では) DATETIME カラムのデフォルトとして CURRENT_TIMESTAMP を指定できることがあります。セクション11.3.5「TIMESTAMP および DATETIME の自動初期化および更新機能」を参照してください。

    カラム定義に明示的な DEFAULT 値が含まれていない場合、MySQL は、セクション11.6「データ型デフォルト値」で説明されているようにデフォルト値を決定します。

    BLOB および TEXT カラムにはデフォルト値を割り当てられません。

    NO_ZERO_DATE または NO_ZERO_IN_DATE SQL モードが有効になっているときに、日付の値のデフォルトがそのモードに従って正しくない場合、CREATE TABLE では厳密な SQL モードが有効になっていない場合は警告を、厳密モードが有効になっている場合はエラーを生成します。たとえば、NO_ZERO_IN_DATE が有効になっている場合は、c1 DATE DEFAULT '2010-00-00' によって警告が生成されます。(MySQL 5.6.6 より前は、厳密モードが有効になっていない場合でも、このステートメントはエラーを生成します。)

  • COMMENT オプションを使用して、カラムのコメントを最大 1024 文字の長さで指定できます。このコメントは、SHOW CREATE TABLE および SHOW FULL COLUMNS ステートメントによって表示されます。

  • MySQL Cluster では、COLUMN_FORMAT を使用して、NDB テーブルの個々のカラムのデータストレージフォーマットを指定することもできます。許可されるカラムフォーマットは、FIXEDDYNAMIC、および DEFAULT です。FIXED は固定幅のストレージを指定するために使用され、DYNAMIC はカラムが可変幅になることを許可し、DEFAULT はカラムで、そのカラムのデータ型によって決定される固定幅または可変幅のストレージが使用されるようにします (ROW_FORMAT 指定子によってオーバーライドされる可能性があります)。

    NDB テーブルの場合、COLUMN_FORMAT のデフォルト値は DEFAULT です。

    COLUMN_FORMAT は現在、NDB 以外のストレージエンジンを使用しているテーブルのカラムには影響を与えません。MySQL 5.6 以降では、COLUMN_FORMAT は暗黙のうちに無視されます。

  • NDB テーブルの場合は、STORAGE 句を使用して、カラムがディスク上またはメモリー内のどちらに格納されるかを指定することもできます。STORAGE DISK を指定するとカラムはディスク上に格納され、STORAGE MEMORY を指定するとインメモリーストレージが使用されます。使用される CREATE TABLE ステートメントには、引き続き TABLESPACE 句が含まれている必要があります。

    mysql> CREATE TABLE t1 (
        ->     c1 INT STORAGE DISK,
        ->     c2 INT STORAGE MEMORY
        -> ) ENGINE NDB;
    ERROR 1005 (HY000): Can't create table 'c.t1' (errno: 140)
    
    mysql> CREATE TABLE t1 (
        ->     c1 INT STORAGE DISK,
        ->     c2 INT STORAGE MEMORY
        -> ) TABLESPACE ts_1 ENGINE NDB;
    Query OK, 0 rows affected (1.06 sec)

    NDB テーブルの場合、STORAGE DEFAULTSTORAGE MEMORY と同等です。

    STORAGE 句は、NDB 以外のストレージエンジンを使用しているテーブルには影響を与えません。STORAGE キーワードは、MySQL Cluster に付属の mysqld の構築でのみサポートされます。ほかのどのバージョンの MySQL でも認識されません。その場合は、STORAGE キーワードを使用しようとすると、必ず構文エラーが発生します。

  • KEY は通常、INDEX のシノニムです。キー属性 PRIMARY KEY もまた、カラム定義内で指定する場合は、単に KEY として指定できます。これは、ほかのデータベースシステムとの互換性のために実装されました。

  • UNIQUE インデックスは、そのインデックス内のすべての値が異なっている必要があるという制約を作成します。既存の行に一致するキー値を持つ新しい行を追加しようとすると、エラーが発生します。すべてのエンジンについて、UNIQUE インデックスは、NULL を含むことができるカラムでの複数の NULL 値を許可します。

  • PRIMARY KEY は、すべてのキーカラムを NOT NULL として定義する必要のある一意のインデックスです。それらが NOT NULL として明示的に宣言されていない場合、MySQL は、それらを暗黙的に (かつ警告なしで) そのように宣言します。テーブルに存在できる PRIMARY KEY は 1 つだけです。PRIMARY KEY の名前は、常に PRIMARY です。そのため、これをその他のどの種類のインデックスの名前としても使用できません。

    PRIMARY KEY が存在しないときに、アプリケーションがテーブル内の PRIMARY KEY を要求した場合、MySQL は、NULL カラムのない最初の UNIQUE インデックスを PRIMARY KEY として返します。

    InnoDB テーブルでは、セカンダリインデックスのためのストレージのオーバーヘッドを最小限に抑えるために、PRIMARY KEY を短い値に維持してください。各セカンダリインデックスエントリには、対応する行の主キーカラムのコピーが含まれています。(セクション14.2.13「InnoDB テーブルおよびインデックスの構造」を参照してください。)

  • 作成されたテーブルでは、PRIMARY KEY が最初に配置され、そのあとにすべての UNIQUE インデックス、さらに一意でないインデックスが続きます。これは、MySQL オプティマイザが、使用するインデックスに優先順位を付けたり、重複した UNIQUE キーをよりすばやく検出したりするのに役立ちます。

  • PRIMARY KEY をマルチカラムインデックスにすることができます。ただし、カラム指定で PRIMARY KEY キー属性を使用してマルチカラムインデックスを作成することはできません。それを行なっても、その単一カラムがプライマリとしてマークされるだけです。個別の PRIMARY KEY(index_col_name, ...) 句を使用する必要があります。

  • PRIMARY KEY または UNIQUE インデックスが、整数型を含む 1 つのカラムのみで構成されている場合は、SELECT ステートメントでそのカラムを _rowid として参照することもできます。

  • MySQL では、PRIMARY KEY の名前は PRIMARY です。その他のインデックスでは、名前を割り当てなかった場合、そのインデックスには最初のインデックス付きカラムと同じ名前が割り当てられ、それを一意にするためにオプションのサフィクス (_2_3...) が付けられます。テーブルのインデックス名は、SHOW INDEX FROM tbl_name を使用して確認できます。セクション13.7.5.23「SHOW INDEX 構文」を参照してください。

  • 一部のストレージエンジンでは、インデックスの作成時にインデックスタイプを指定できます。index_type 指定子の構文は、USING type_name です。

    例:

    CREATE TABLE lookup
      (id INT, INDEX USING BTREE (id))
      ENGINE = MEMORY;

    USING の推奨される位置は、インデックスカラムリストのあとです。カラムリストの前にも指定できますが、このオプションをその位置で使用するためのサポートは非推奨であり、将来の MySQL リリースで削除される予定です。

    index_option 値は、インデックスの追加オプションを指定します。USING はそのようなオプションの 1 つです。許可される index_option 値の詳細は、セクション13.1.13「CREATE INDEX 構文」を参照してください。

    インデックスの詳細は、セクション8.3.1「MySQL のインデックスの使用の仕組み」を参照してください。

  • MySQL 5.6 では、NULL 値を持つことができるカラム上のインデックスをサポートするのは InnoDBMyISAM、および MEMORY だけです。それ以外の場合は、インデックス付きカラムを NOT NULL として宣言する必要があります。そうしないと、エラー結果が発生します。

  • CHARVARCHARBINARY、および VARBINARY カラムの場合は、col_name(length) 構文を使用してインデックスプリフィクス長を指定することにより、カラム値の先頭の部分のみを使用するインデックスを作成できます。BLOB および TEXT カラムにもインデックスを設定できますが、プリフィクス長を指定する必要があります。プリフィクス長は、バイナリ以外の文字列型の場合は文字数で、バイナリ文字列型の場合はバイト単位で指定されます。つまり、インデックスエントリは、CHARVARCHAR、および TEXT カラムの場合は各カラム値の最初の length 文字、BINARYVARBINARY、および BLOB カラムの場合は各カラム値の最初の length バイトで構成されます。このようにカラム値のプリフィクスのみにインデックスを設定すると、インデックスファイルをはるかに小さくできます。セクション8.3.4「カラムインデックス」を参照してください。

    BLOB および TEXT カラム上のインデックス設定をサポートするのは、InnoDB および MyISAM ストレージエンジンだけです。例:

    CREATE TABLE test (blob_col BLOB, INDEX(blob_col(10)));

    InnoDB テーブルではプリフィクスの長さを最大 767 バイトに、また innodb_large_prefix オプションが有効になっている場合は 3072 バイトにすることができます。プリフィクスの制限がバイト単位で測定されるのに対して、CREATE TABLE ステートメントでのプリフィクス長は、バイナリ以外のデータ型 (CHARVARCHARTEXT) では文字数として解釈されます。複数バイトの文字セットを使用するカラムのプリフィクス長を指定する場合は、この点を考慮に入れてください。

  • index_col_name の指定を ASC または DESC で終了させることができます。これらのキーワードは、インデックス値の昇順または降順での格納を指定する将来の拡張のために許可されています。現在、これらは解析されますが、無視されます。インデックス値は、常に昇順で格納されます。

  • SELECT 内でカラムに対して ORDER BY または GROUP BY を使用すると、サーバーは、max_sort_length システム変数によって示されている初期のバイト数のみを使用して値をソートします。

  • 全文検索に使用される特殊な FULLTEXT インデックスを作成できます。FULLTEXT インデックスをサポートするのは、InnoDB および MyISAM だけです。これらは、CHARVARCHAR、および TEXT カラムからのみ作成できます。インデックス設定は常に、カラム全体に対して実行されます。カラムプリフィクスのインデックス設定はサポートされていないため、プリフィクス長が指定されてもすべて無視されます。操作の詳細は、セクション12.9「全文検索関数」を参照してください。WITH PARSER 句は、全文インデックス設定および検索操作に特殊な処理が必要な場合にパーサープラグインをインデックスに関連付けるために、index_option 値として指定できます。この句は、FULLTEXT インデックスに対してのみ有効です。プラグインの作成の詳細は、セクション24.2「MySQL プラグイン API」を参照してください。

  • 空間データ型に SPATIAL インデックスを作成できます。空間型は MyISAM テーブルでのみサポートされ、インデックス付きカラムを NOT NULL として宣言する必要があります。セクション11.5「空間データの拡張」を参照してください。

  • MySQL 5.6 では、インデックス定義に最大 1024 文字のオプションのコメントを含めることができます。

  • InnoDB および NDB テーブルは、外部キー制約のチェックをサポートしています。参照されるテーブルのカラムには、常に明示的に名前を付ける必要があります。外部キーに対しては ON DELETEON UPDATE の両方のアクションがサポートされています。詳細および例については、セクション13.1.17.2「外部キー制約の使用」を参照してください。InnoDB での外部キーに固有の情報については、セクション14.6.6「InnoDB と FOREIGN KEY 制約」を参照してください。

    その他のストレージエンジンの場合、MySQL Server は、CREATE TABLE ステートメント内の FOREIGN KEY および REFERENCES 構文を解析して無視します。CHECK 句は、すべてのストレージエンジンによって解析されますが、無視されます。セクション1.7.2.4「外部キーの違い」を参照してください。

    重要

    ANSI/ISO SQL 標準に精通しているユーザーの場合は、参照整合性の制約定義で使用される MATCH 句を認識または適用するストレージエンジンは (InnoDB を含め) 存在しません。明示的な MATCH 句を使用しても、指定された効果が得られないだけでなく、ON DELETE および ON UPDATE 句が無視される原因にもなります。これらの理由により、MATCH の指定は避けるようにしてください。

    SQL 標準での MATCH 句は、複合 (マルチカラム) 外部キー内の NULL 値が、主キーとの比較時にどのように処理されるかを制御します。InnoDB は基本的に、外部キーをすべてまたは部分的に NULL にすることが許可される、MATCH SIMPLE で定義されるセマンティクスを実装しています。その場合は、このような外部キーを含む (子テーブルの) 行の挿入が許可され、その行は参照される (親) テーブル内のどの行にも一致しません。トリガーを使用して、ほかのセマンティクスを実装できます。

    さらに、MySQL ではパフォーマンスのために、参照されるカラムにインデックスを設定する必要があります。ただし、参照されるカラムを UNIQUE または NOT NULL として宣言するという要件は適用されません。一意でないキーまたは NULL 値を含むキーへの外部キー参照の処理は、UPDATEDELETE CASCADE などの操作に対して適切に定義されていません。UNIQUE (または PRIMARY) と NOT NULL の両方であるキーのみを参照する外部キーを使用することをお勧めします。

    MySQL は、参照がカラム指定の一部として定義されている (SQL 標準で定義された) インラインの REFERENCES 指定を認識せず、またサポートもしていません。MySQL は、個別の FOREIGN KEY 指定の一部として指定されている場合にのみ REFERENCES 句を受け入れます。

    注記

    InnoDB ストレージエンジンを使用するパーティション化されたテーブルは、外部キーをサポートしていません。KEY または LINEAR KEY によってパーティション化された NDB テーブルは、この制限によって影響を受けません。詳細については、セクション19.6「パーティショニングの制約と制限」を参照してください。

  • テーブルあたり 4096 カラムという強い制限値がありますが、特定のテーブルでは、実際の最大数がこれより少なくなる可能性があります。実際の最大数は、セクションD.10.4「テーブルカラム数と行サイズの制限」で説明されている要因によって異なります。

TABLESPACE および STORAGE テーブルオプションは、NDB テーブルでのみ使用されます。tablespace_name という名前のテーブルスペースが、すでに CREATE TABLESPACE を使用して作成されている必要があります。STORAGE は、使用されるストレージのタイプ (ディスクまたはメモリー) を決定するものであり、DISKMEMORYDEFAULT のいずれかです。

TABLESPACE ... STORAGE DISK は、MySQL Cluster ディスクデータテーブルスペースにテーブルを割り当てます。詳細は、セクション18.5.12「MySQL Cluster ディスクデータテーブル」を参照してください。

重要

STORAGE 句を、TABLESPACE 句のない CREATE TABLE ステートメントで使用することはできません。

Storage Engines (ストレージエンジン)

ENGINE テーブルオプションは、次の表に示されている名前のいずれかを使用して、テーブルのストレージエンジンを指定します。エンジン名は、引用符で囲んでも囲まなくてもかまいません。引用符で囲まれた名前 'DEFAULT' は認識されますが、無視されます。

ストレージエンジン 説明
InnoDB 行ロックと外部キーを備えたトランザクションセーフテーブル。新しいテーブルのためのデフォルトのストレージエンジン。MySQL は経験しているが、InnoDB がはじめてである場合は、第14章「InnoDB ストレージエンジン、そのなかでも特にセクション14.1.1「デフォルトの MySQL ストレージエンジンとしての InnoDB」を参照してください。
MyISAM 主に読み取り専用または読み取りが大半のワークロードに使用される、バイナリの移植可能なストレージエンジン。セクション15.2「MyISAM ストレージエンジン」を参照してください。
MEMORY このストレージエンジンのデータは、メモリー内にのみ格納されます。セクション15.3「MEMORY ストレージエンジン」を参照してください。
CSV カンマ区切り値形式で行を格納するテーブル。セクション15.4「CSV ストレージエンジン」を参照してください。
ARCHIVE アーカイブストレージエンジン。セクション15.5「ARCHIVE ストレージエンジン」を参照してください。
EXAMPLE サンプルのエンジン。セクション15.9「EXAMPLE ストレージエンジン」を参照してください。
FEDERATED リモートテーブルにアクセスするストレージエンジン。セクション15.8「FEDERATED ストレージエンジン」を参照してください。
HEAP これは MEMORY のシノニムです。
MERGE 1 つのテーブルとして使用される MyISAM テーブルのコレクション。MRG_MyISAM とも呼ばれます。セクション15.7「MERGE ストレージエンジン」を参照してください。
NDB トランザクションと外部キーをサポートする、クラスタ化された、耐障害の、メモリーベースのテーブル。NDBCLUSTER とも呼ばれます。第18章「MySQL Cluster NDB 7.3 および MySQL Cluster NDB 7.4を参照してください。

使用できないストレージエンジンが指定されている場合、MySQL は、代わりにデフォルトのエンジンを使用します。通常、これは MyISAM です。たとえば、テーブル定義に ENGINE=INNODB オプションが含まれているが、MySQL サーバーが INNODB テーブルをサポートしていない場合、テーブルは MyISAM テーブルとして作成されます。これにより、マスター上にはトランザクションテーブルが存在するが、スレーブ上に作成されるテーブルは (高速化のために) 非トランザクションであるようなレプリケーションセットアップを行うことが可能になります。MySQL 5.6 では、ストレージエンジンの指定が受け付けられない場合は警告が発生します。

セクション5.1.7「サーバー SQL モード」で説明されているように、NO_ENGINE_SUBSTITUTION SQL モードの設定によってエンジンの置換を制御できます。

注記

ENGINE のシノニムであった古い TYPE オプションは、MySQL 5.5 で削除されました。MySQL 5.5 以降にアップグレードする場合は、TYPE に依存する既存のアプリケーションを、代わりに ENGINE を使用するように変換する必要があります

パフォーマンスの最適化

その他のテーブルオプションは、テーブルの動作を最適化するために使用されます。ほとんどの場合は、それらのうちのどれも指定する必要はありません。特に示されていないかぎり、これらのオプションはすべてのストレージエンジンに適用されます。特定のストレージエンジンに適用されないオプションは、テーブル定義の一部として受け入れられ、記憶される可能性があります。それにより、あとで ALTER TABLE を使用して、別のストレージエンジンを使用するようにテーブルを変換した場合に、このようなオプションが適用されます。

  • AUTO_INCREMENT

    テーブルの初期の AUTO_INCREMENT 値。MySQL 5.6 では、これは MyISAMMEMORYInnoDB、および ARCHIVE テーブルに対して機能します。AUTO_INCREMENT テーブルオプションをサポートしていないエンジンの最初の自動インクリメント値を設定するには、テーブルを作成したあとに目的の値より 1 小さい値を持つダミーの行を挿入してから、そのダミーの行を削除します。

    CREATE TABLE ステートメント内の AUTO_INCREMENT テーブルオプションをサポートするエンジンの場合は、ALTER TABLE tbl_name AUTO_INCREMENT = N を使用して AUTO_INCREMENT 値をリセットすることもできます。この値を、現在カラム内にある最大値より小さく設定することはできません。

  • AVG_ROW_LENGTH

    テーブルの平均の行の長さの近似値。これを設定する必要があるのは、可変サイズの行を持つ大きなテーブルの場合だけです。

    MyISAM テーブルを作成すると、MySQL は MAX_ROWS および AVG_ROW_LENGTH オプションの積を使用して、結果として得られるテーブルがどれくらいの大きさになるかを判定します。どちらのオプションも指定しない場合、MyISAM データおよびインデックスファイルの最大サイズは、デフォルトで 256T バイトになります。(オペレーティングシステムでその大きさのファイルがサポートされていない場合、テーブルサイズはファイルサイズ制限によって制約されます。)インデックスをより小さく、かつ高速にするためにポインタサイズを小さく維持したいと考えており、実際に大きなファイルが必要でない場合は、myisam_data_pointer_size システム変数を設定することによってデフォルトのポインタサイズを小さくすることができます。(セクション5.1.4「サーバーシステム変数」を参照してください。)すべてのテーブルをデフォルトの制限を超えて拡張できるようにしたいと考えており、テーブルが必要以上に少し遅く、かつ大きくなってもかまわない場合は、この変数を設定することによってデフォルトのポインタサイズを大きくすることができます。この値を 7 に設定すると、最大 65,536T バイトのテーブルサイズが許可されます。

  • [DEFAULT] CHARACTER SET

    テーブルのデフォルトの文字セットを指定します。CHARSETCHARACTER SET のシノニムです。文字セット名が DEFAULT である場合は、データベース文字セットが使用されます。

  • CHECKSUM

    MySQL ですべての行のライブチェックサム (つまり、テーブルが変更されると MySQL が自動的に更新するチェックサム) が保持されるようにする場合は、これを 1 に設定します。これにより、テーブルの更新が少し遅くなりますが、破損したテーブルを見つけることが容易になります。CHECKSUM TABLE ステートメントは、このチェックサムをレポートします。(MyISAM のみ。)

  • [DEFAULT] COLLATE

    テーブルのデフォルトの照合順序を指定します。

  • COMMENT

    テーブルのコメントであり、長さは最大 2048 文字です。

  • CONNECTION

    FEDERATED テーブルの接続文字列。

    注記

    古いバージョンの MySQL は、接続文字列に COMMENT オプションを使用していました。

  • DATA DIRECTORYINDEX DIRECTORY

    InnoDB では、DATA DIRECTORY='directory' オプションを使用すると、MySQL データディレクトリ以外の場所に新しい InnoDB file-per-table テーブルスペースを作成できます。MySQL は、指定されたディレクトリ内にデータベース名に対応するサブディレクトリを作成し、さらにその中に新しいテーブルの .ibd ファイルを作成します。InnoDB テーブルで DATA DIRECTORY オプションを使用するには、innodb_file_per_table 構成オプションを有効にする必要があります。このディレクトリは、ディレクトリへの (相対パスではなく) フルパス名である必要があります。詳細は、セクション14.5.4「テーブルスペースの位置の指定」を参照してください。

    MyISAM テーブルを作成する場合は、DATA DIRECTORY='directory' 句、INDEX DIRECTORY='directory' 句、またはその両方を使用できます。これらは、それぞれ MyISAM テーブルのデータファイルとインデックスファイルを配置する場所を指定します。InnoDB テーブルとは異なり、DATA DIRECTORY または INDEX DIRECTORY オプションで MyISAM テーブルを作成する場合、MySQL はデータベース名に対応するサブディレクトリを作成しません。各ファイルは、指定されたディレクトリ内に作成されます。

    重要

    テーブルレベルの DATA DIRECTORY および INDEX DIRECTORY オプションは、パーティション化されたテーブルでは無視されます。(Bug #32091)

    これらのオプションは、--skip-symbolic-links オプションを使用していない場合にのみ機能します。また、オペレーティングシステムにも、機能するスレッドに対して安全な realpath() 呼び出しが存在する必要があります。詳細は、セクション8.11.3.1.2「Unix 上の MyISAM へのシンボリックリンクの使用」を参照してください。

    MyISAM テーブルが DATA DIRECTORY オプションなしで作成される場合、.MYD ファイルがデータベースディレクトリ内に作成されます。デフォルトでは、MyISAM が既存の .MYD ファイルを検出した場合、そのファイルを上書きします。INDEX DIRECTORY オプションを指定せずに作成されたテーブルについて、.MYI ファイルに同じことが当てはまります。この動作を抑制するには、--keep_files_on_create オプションを使用してサーバーを起動します。その場合、MyISAM は既存のファイルを上書きせず、代わりにエラーを返します。

    MyISAM テーブルが DATA DIRECTORY または INDEX DIRECTORY オプションを使用して作成され、既存の .MYD または .MYI ファイルが見つかった場合、MyISAM は常にエラーを返します。指定されたディレクトリ内のファイルは上書きされません。

    重要

    DATA DIRECTORY または INDEX DIRECTORY では、MySQL データディレクトリを含むパス名を使用できません。これには、パーティション化されたテーブルや個々のテーブルパーティションが含まれます。(Bug #32167 を参照してください。)

  • DELAY_KEY_WRITE

    テーブルのキー更新をテーブルが閉じられるまで遅らせる場合は、これを 1 に設定します。セクション5.1.4「サーバーシステム変数」にある delay_key_write システム変数の説明を参照してください。(MyISAM のみ。)

  • INSERT_METHOD

    MERGE テーブルにデータを挿入する場合は、INSERT_METHOD を使用して、行を挿入するテーブルを指定する必要があります。INSERT_METHOD は、MERGE テーブルにのみ役立つオプションです。最初または最後のテーブルに挿入するには FIRST または LAST の値を、挿入されないようにするには NO の値を使用します。セクション15.7「MERGE ストレージエンジン」を参照してください。

  • KEY_BLOCK_SIZE

    圧縮された InnoDB テーブルでは、オプションで、ページに使用するサイズをバイト単位で指定します。この値はヒントとして扱われます。InnoDB では、必要に応じて異なるサイズが使用される可能性があります。値 0 は、innodb_page_size 値の半分であるデフォルトの圧縮済みページサイズを表します。KEY_BLOCK_SIZE 値は、innodb_page_size 値以下にしかできません。innodb_page_size 値を超える値を指定した場合は、その値が無視され、警告が発行されます。また、KEY_BLOCK_SIZEinnodb_page_size 値の半分に設定されます。innodb_strict_mode=ON の場合、無効な KEY_BLOCK_SIZE 値を指定するとエラーが返されます。使用法の詳細は、セクション14.7「InnoDB 圧縮テーブル」を参照してください。

    個々のインデックス定義では、テーブルの値をオーバーライドする独自の KEY_BLOCK_SIZE 値を指定できます。

    注記

    InnoDB テーブルに対して KEY_BLOCK_SIZE 句を使用している場合は、innodb_strict_mode を有効にすることをお勧めします。

  • MAX_ROWS

    テーブル内に格納することを予定している行の最大数。これは強い制限値ではなく、どちらかと言うと、テーブルが少なくともこの行数を格納できる必要があるという、ストレージエンジンへのヒントです。

    NDB ストレージエンジンは、この値を最大値として扱います。非常に大きな (数百万行を含む) MySQL Cluster テーブルを作成する予定がある場合は、このオプションを使用して MAX_ROWS = 2 * rows を設定することにより、テーブルの主キーのハッシュを格納するために使用されるハッシュテーブル内に NDB によって十分な数のインデックススロットが割り当てられることを保証するようにしてください。ここで、rows はテーブルに挿入することが予測される行数です。

    MAX_ROWS の最大値は 4294967295 です。これを超える値は、この制限に切り捨てられます。

  • MIN_ROWS

    テーブル内に格納することを予定している行の最小数。MEMORY ストレージエンジンは、このオプションをメモリー使用に関するヒントとして使用します。

  • PACK_KEYS

    PACK_KEYS は、MyISAM テーブルでのみ有効になります。インデックスを小さくする場合は、このオプションを 1 に設定します。通常は、これによって更新は遅く、読み取りは高速になります。このオプションを 0 に設定すると、キーのすべてのパッキングが無効になります。これを DEFAULT に設定すると、長い CHARVARCHARBINARY、または VARBINARY カラムのみをパックするようストレージエンジンに指示します。

    PACK_KEYS を使用しない場合、デフォルトでは文字列をパックしますが、数値はパックしません。PACK_KEYS=1 を使用した場合は、数値もパックされます。

    2 進数のキーをパックする場合、MySQL は次のプリフィクス圧縮を使用します。

    • 前のキーの何バイトが次のキーと同じであるかを示すために、すべてのキーに 1 バイトが余分に必要になります。

    • 行へのポインタは、圧縮率を向上させるために、キーの直後に高位バイトが先に来る順序で格納されます。

    つまり、2 つの連続した行に等しいキーが多数存在する場合は、次の同じキーはすべて、通常 (行へのポインタを含め) 2 バイトしか占有しません。これを、次のキーが storage_size_for_key + pointer_size (ここで、ポインタサイズは通常 4) を占有する通常のケースと比較してください。逆に言うと、プリフィクス圧縮から大きな利点が得られるのは、同じ数値が多数存在する場合だけです。すべてのキーが完全に異なっている場合は、そのキーが NULL 値を持つことができるキーでないかぎり、キーあたり 1 バイト多く使用されます。(この場合、パックされたキーの長さは、キーが NULL であるかどうかをマークするために使用されるのと同じバイトに格納されます。)

  • PASSWORD

    このオプションは使用されません。.frm ファイルを暗号化し、ほかのどの MySQL サーバーからも使用できないようにする必要がある場合は、当社の販売部門に問い合わせてください。

  • ROW_FORMAT

    行が格納される物理フォーマットを定義します。これらの選択は、テーブルに使用されているストレージエンジンによって異なります。

    InnoDB テーブルの場合:

    • デフォルトでは、行は圧縮形式 (ROW_FORMAT=COMPACT) で格納されます。

    • 古いバージョンの MySQL で使用されていた非圧縮形式は、ROW_FORMAT=REDUNDANT を指定することによって引き続き要求できます。

    • InnoDB テーブルの圧縮を有効にするには、ROW_FORMAT=COMPRESSED を指定し、セクション14.7「InnoDB 圧縮テーブル」の手順に従います。

    • データ型 (特に BLOB 型) の InnoDB ストレージの効率を向上させるには、ROW_FORMAT=DYNAMIC を指定し、セクション14.9.3「DYNAMIC および COMPRESSED 行フォーマット」の手順に従います。COMPRESSED および DYNAMIC 行フォーマットはどちらも、構成設定 innodb_file_per_table=1 および innodb_file_format=barracuda を使用してテーブルを作成する必要があります。

    • デフォルト以外の ROW_FORMAT 句を指定する場合は、innodb_strict_mode 構成オプションも有効にすることを考慮してください。

    • InnoDB 行フォーマットの詳細は、セクション14.9「InnoDB の行ストレージと行フォーマット」を参照してください。

    MyISAM テーブルの場合は、このオプション値を、静的行フォーマットまたは可変長行フォーマットを示す FIXED または DYNAMIC に設定できます。myisampack は、この型を COMPRESSED に設定します。セクション15.2.3「MyISAM テーブルのストレージフォーマット」を参照してください。

    注記

    CREATE TABLE ステートメントを実行するとき、テーブルに使用しているストレージエンジンでサポートされていない行フォーマットを指定した場合、テーブルはそのストレージエンジンのデフォルトの行フォーマットを使用して作成されます。SHOW TABLE STATUS に応答してこのカラムでレポートされる情報は、使用されている実際の行フォーマットです。作成中は元の CREATE TABLE 定義が保持されているため、これは Create_options カラム内の値とは異なる可能性があります。

  • STATS_AUTO_RECALC

    InnoDB テーブルの永続的統計を自動的に再計算するかどうかを指定します。値 DEFAULT を指定すると、テーブルの永続的統計設定は innodb_stats_auto_recalc 構成オプションによって決定されます。値 1 を指定すると、統計は、テーブル内のデータの 10% が変更されたときに再計算されます。値 0 は、このテーブルの自動再計算が行われないようにします。この設定の場合、テーブルへの大幅な変更を行なったあとに統計を再計算するには、ANALYZE TABLE ステートメントを発行します。永続的統計機能の詳細は、セクション14.13.16.1「永続的オプティマイザ統計のパラメータの構成」を参照してください。

  • STATS_PERSISTENT

    InnoDB テーブルの永続的統計を有効にするかどうかを指定します。値 DEFAULT を指定すると、テーブルの永続的統計設定は innodb_stats_persistent 構成オプションによって決定されます。値 1 がテーブルの永続的統計を有効にするのに対して、値 0 はこの機能を無効にします。CREATE TABLE または ALTER TABLE ステートメントを使用して永続的統計を有効にしたあと、代表的なデータのテーブルへのロード後に統計を計算するには、ANALYZE TABLE ステートメントを発行します。永続的統計機能の詳細は、セクション14.13.16.1「永続的オプティマイザ統計のパラメータの構成」を参照してください。

  • STATS_SAMPLE_PAGES

    インデックス付きカラムのカーディナリティーやその他の統計 (ANALYZE TABLE によって計算される統計など) を推定するときにサンプリングするインデックスページの数。詳細は、セクション14.13.16.1「永続的オプティマイザ統計のパラメータの構成」を参照してください。

  • UNION

    UNION は、同一の MyISAM テーブルのコレクションを 1 つのものとしてアクセスする場合に使用されます。これは、MERGE テーブルでのみ機能します。セクション15.7「MERGE ストレージエンジン」を参照してください。

    MERGE テーブルにマップするテーブルに対する SELECTUPDATE、および DELETE 権限が必要です。

    注記

    以前は、使用されるすべてのテーブルが MERGE テーブル自体と同じデータベース内に存在する必要がありました。この制限は適用されなくなりました。

パーティション化

partition_options を使用すると、CREATE TABLE で作成されたテーブルのパーティション化を制御できます。

重要

このセクションの最初にある partition_options の構文に示されているすべてのオプションが、すべてのパーティショニングタイプに使用できるわけではありません。各タイプに固有の情報については、次の個々のタイプのリストを参照してください。また、MySQL でのパーティション化の動作や使用に関するより詳細な情報、および MySQL のパーティション化に関連したテーブル作成やその他のステートメントの追加の例については、第19章「パーティション化を参照してください。

partition_options 句が使用される場合、この句は PARTITION BY で始まります。この句には、パーティションを決定するために使用される関数が含まれています。この関数は、1 から num までの範囲の整数値を返します。ここで、num はパーティションの数です。(テーブルに含めることのできるユーザー定義パーティションの最大数は 1024 です。この最大数には、このセクションのあとの方で説明されているサブパーティションの数が含まれています。)MySQL 5.6 で、この関数に使用可能な選択肢を次のリストに示します。

  • HASH(expr): 行の配置および検索のためのキーを作成するために 1 つ以上のカラムをハッシュします。expr は、1 つ以上のテーブルカラムを使用した式です。これは、1 つの整数値が得られる任意の有効な MySQL 式 (MySQL 関数を含む) にすることができます。たとえば、次はどちらも、PARTITION BY HASH を使用した有効な CREATE TABLE ステートメントです。

    CREATE TABLE t1 (col1 INT, col2 CHAR(5))
        PARTITION BY HASH(col1);
    
    CREATE TABLE t1 (col1 INT, col2 CHAR(5), col3 DATETIME)
        PARTITION BY HASH ( YEAR(col3) );

    PARTITION BY HASH では、VALUES LESS THAN または VALUES IN のどちらの句も使用できません。

    PARTITION BY HASH は、expr をパーティションの数で割った余り (つまり、法) を使用します。例および追加情報については、セクション19.2.4「HASH パーティショニング」を参照してください。

    LINEAR キーワードには、いくぶん異なるアルゴリズムが必要になります。この場合、行が格納されるパーティションの数は、1 つ以上の論理的な AND 演算の結果として計算されます。線形ハッシュの説明および例については、セクション19.2.4.1「LINEAR HASH パーティショニング」を参照してください。

  • KEY(column_list): これは HASH に似ていますが、均一なデータ分散を保証するために MySQL がハッシュ関数を提供する点が異なります。column_list 引数は、単純に 1 つ以上のテーブルカラム (最大 16 個) のリストです。この例は、4 つのパーティションを持つ、キーによってパーティション化された単純なテーブルを示しています。

    CREATE TABLE tk (col1 INT, col2 CHAR(5), col3 DATE)
        PARTITION BY KEY(col3)
        PARTITIONS 4;

    キーによってパーティション化されたテーブルの場合は、LINEAR キーワードを使用して線形パーティション化を採用できます。これには、HASH によってパーティション化されたテーブルの場合と同じ効果があります。つまり、パーティション番号は法ではなく、& 演算子を使用して見つけられます (詳細は、セクション19.2.4.1「LINEAR HASH パーティショニング」およびセクション19.2.5「KEY パーティショニング」を参照してください)。この例では、キーによる線形パーティション化を使用して 5 つのパーティション間でデータを分散させます。

    CREATE TABLE tk (col1 INT, col2 CHAR(5), col3 DATE)
        PARTITION BY LINEAR KEY(col3)
        PARTITIONS 5;

    ALGORITHM={1|2} オプションは、MySQL 5.6.11 から [SUB]PARTITION BY [LINEAR] KEY でサポートされています。ALGORITHM=1 を指定すると、サーバーは MySQL 5.1 と同じキーハッシュ関数を使用します。ALGORITHM=2 は、サーバーが、MySQL 5.5 以降で実装され、KEY によってパーティション化された新しいテーブルに対してデフォルトで使用されるキーハッシュ関数を採用することを示します。(MySQL 5.5 以降で採用されたキーハッシュ関数によって作成されたパーティション化されたテーブルを MySQL 5.1 サーバーで使用することはできません。)このオプションを指定しない場合は、ALGORITHM=2 を使用するのと同じ効果があります。このオプションは、主に [LINEAR] KEY によってパーティション化されたテーブルを MySQL 5.1 以降の MySQL バージョン間でアップグレードまたはダウングレードするときに使用するか、または MySQL 5.5 以降のサーバー上で、MySQL 5.1 サーバー上で使用できる KEY または LINEAR KEY によってパーティション化されたテーブルを作成することを目的にしています。詳細は、セクション13.1.7.1「ALTER TABLE パーティション操作」を参照してください。

    MySQL 5.6.11 以降の mysqldump は、このオプションをバージョン管理されたコメント内に次のように書き込みます。

    CREATE TABLE t1 (a INT)
    /*!50100 PARTITION BY KEY */ /*!50611 ALGORITHM = 1 */ /*!50100 ()
          PARTITIONS 3 */

    これにより、MySQL 5.6.10 以前のサーバーはこのオプションを無視するようになります。これらのバージョンでは、通常であれば構文エラーが発生します。KEY によってパーティション化またはサブパーティション化されたテーブルを使用している MySQL 5.5.31 またはそれ以降の MySQL 5.5 サーバー上で作成されたダンプを、バージョン 5.6.11 より前の MySQL 5.6 サーバーにロードする予定がある場合は、続行する前に、必ずセクション2.11.1.3「MySQL 5.5 から 5.6 へのアップグレード」を参照するようにしてください。(そこで見つかった情報は、MySQL 5.6.11 以降のサーバーから作成された KEY によってパーティション化またはサブパーティション化されたテーブルを含むダンプを、MySQL 5.5.30 以前のサーバーにロードする場合にも適用されます。)

    また、MySQL 5.6.11 以降では、ALGORITHM=1mysqldump と同じ方法で、バージョン管理されたコメントを使用して SHOW CREATE TABLE の出力に必要に応じて表示されます。ALGORITHM=2 は、元のテーブルを作成するときにこのオプションが指定された場合でも、SHOW CREATE TABLE の出力から常に省略されます。

    PARTITION BY KEY では、VALUES LESS THAN または VALUES IN のどちらの句も使用できません。

  • RANGE(expr): この場合、expr は、VALUES LESS THAN 演算子のセットを使用して値の範囲を示します。範囲のパーティション化を使用する場合は、VALUES LESS THAN を使用して、少なくとも 1 つのパーティションを定義する必要があります。範囲のパーティション化では VALUES IN を使用できません。

    注記

    RANGE によってパーティション化されたテーブルでは、VALUES LESS THAN を整数リテラル値、または 1 つの整数値に評価される式のどちらかとともに使用する必要があります。MySQL 5.6 では、このセクションのあとの方で説明されている、PARTITION BY RANGE COLUMNS を使用して定義されたテーブルでこの制限を克服できます。

    次のスキームに従って、年の値を含むカラムに関してパーティション化するテーブルがあるとします。

    パーティション番号: 年の範囲:
    0 1990 以前
    1 1991 から 1994 まで
    2 1995 から 1998 まで
    3 1999 から 2002 まで
    4 2003 から 2005 まで
    5 2006 以降

    このようなパーティション化スキームを実装するテーブルは、次に示す CREATE TABLE ステートメントによって実現できます。