MySQLのお勉強!

MySQL TOP

第 2 章 MySQL のインストールと更新

目次

2.1 一般的なインストールガイド
2.1.1 MySQL Community Server がサポートしているオペレーティングシステム
2.1.2 インストールする MySQL のバージョンと配布の選択
2.1.3 MySQL の取得方法
2.1.4 MD5 チェックサムまたは GnuPG を用いたパッケージの完全性の確認
2.1.5 インストールのレイアウト
2.1.6 コンパイラ固有のビルドの特徴
2.2 一般的なバイナリを使用した MySQL の Unix/Linux へのインストール
2.3 Microsoft Windows に MySQL をインストールする
2.3.1 Microsoft Windows 上での MySQL のインストールレイアウト
2.3.2 インストール用パッケージの選択
2.3.3 MySQL Installer を使用した MySQL の Microsoft Windows へのインストール
2.3.4 MySQL Notifier
2.3.5 非インストール Zip アーカイブを使用して Microsoft Windows に MySQL をインストールする
2.3.6 Microsoft Windows MySQL Server インストールのトラブルシューティング
2.3.7 Windows 上の MySQL をアップグレードする
2.3.8 Windows でのインストール後の手順
2.4 OS X に MySQL をインストールする
2.4.1 OS X への MySQL のインストールに関する一般的な注記
2.4.2 ネイティブパッケージを使用して OS X に MySQL をインストールする
2.4.3 MySQL 起動デーモンのインストール
2.4.4 MySQL 起動アイテムのインストール
2.4.5 MySQL Preference Pane のインストールと使用
2.5 Linux に MySQL をインストールする
2.5.1 MySQL Yum リポジトリを使用して MySQL を Linux にインストールする
2.5.2 サードパーティーの MySQL 配布を MySQL Yum リポジトリを使用して置換する
2.5.3 MySQL APT リポジトリを使用して MySQL を Linux にインストールする
2.5.4 MySQL SLES リポジトリを使用して MySQL を Linux にインストールする
2.5.5 RPM パッケージを使用して MySQL を Linux にインストールする
2.5.6 オラクルからの Debian パッケージを使用して MySQL を Linux にインストールする
2.5.7 ネイティブソフトウェアリポジトリから MySQL を Linux にインストールする
2.6 Unbreakable Linux Network (ULN) を使用した MySQL のインストール
2.7 Solaris および OpenSolaris に MySQL をインストールする
2.7.1 Solaris PKG を使用して Solaris に MySQL をインストールする
2.7.2 IPS を使用して MySQL を OpenSolaris にインストールする
2.8 FreeBSD に MySQL をインストールする
2.9 ソースから MySQL をインストールする
2.9.1 ソースインストールの MySQL のレイアウト
2.9.2 標準ソース配布を使用して MySQL をインストールする
2.9.3 開発ソースツリーを使用して MySQL をインストールする
2.9.4 MySQL ソース構成オプション
2.9.5 MySQL のコンパイルに関する問題
2.9.6 MySQL の構成とサードパーティーツール
2.10 インストール後のセットアップとテスト
2.10.1 Unix 類似システムでのインストール後の手順
2.10.2 最初の MySQL アカウントのセキュリティー設定
2.11 MySQL のアップグレードとダウングレード
2.11.1 MySQL のアップグレード
2.11.2 MySQL のダウングレード
2.11.3 テーブルまたはインデックスの再構築が必要かどうかのチェック
2.11.4 テーブルまたはインデックスの再作成または修復
2.11.5 MySQL データベースのほかのマシンへのコピー
2.12 環境変数
2.13 Perl のインストールに関する注釈
2.13.1 Unix に Perl をインストールする
2.13.2 Windows に ActiveState Perl をインストールする
2.13.3 Perl DBI/DBD インタフェース使用の問題

この章では MySQL の取得とインストールの方法を説明します。最初に手順の概要を、後半のセクションで詳細を説明します。MySQL をはじめてインストールするのではなく、現行のバージョンの MySQL を新しいバージョンにアップグレードする場合は、セクション2.11.1「MySQL のアップグレード」 を参照してください。アップグレードの手順およびアップグレード前に考慮すべき問題点に関する情報を記載しています。

別のデータベースシステムから MySQL に移行する場合には セクションA.8「MySQL 5.6 FAQ: 移行」 を参照してください。この資料に中には、移行の問題に関する一般的な質問に対する解答が含まれています。

MySQL のインストールは、一般に次の手順に従います。

  1. 使用しているプラットフォームで MySQL が動作し、サポートされているかどうかを判断します。

    どのプラットフォームも同じように MySQL の実行に適しているわけではありません。また、MySQL が動作するといわれているプラットフォームのすべてをオラクル社が公式にサポートしているわけでもありません。

  2. インストールする配布を選択します。

    MySQL には使用可能なバージョンがいくつかあり、ほとんどが複数の配布形式で使用可能です。バイナリ (コンパイル済み) プログラムあるいはソースコードを含むパッケージ済み配布を選択できます。不確かな場合にはバイナリ配布をご使用ください。また、弊社の最新の開発に興味があり、新しいコードのテストにご協力頂ける方に最新のソースツリーを公開しています。どのバージョンのどの配布を選択したらよいかは セクション2.1.2「インストールする MySQL のバージョンと配布の選択」 を参照してください。

  3. インストールする配布をダウンロードします。

    その手順は、セクション2.1.3「MySQL の取得方法」 を参照してください。配布の完全性を確認するには、セクション2.1.4「MD5 チェックサムまたは GnuPG を用いたパッケージの完全性の確認」 の指示に従ってください。

  4. 配布をインストールします。

    MySQL をバイナリの配布からインストールするには、セクション2.2「一般的なバイナリを使用した MySQL の Unix/Linux へのインストール」 を参照してください。

    MySQL をソースの配布からインストールする、あるいは現在の開発ソースツリーからインストールする場合は、セクション2.9「ソースから MySQL をインストールする」 を参照してください。

  5. インストール後のセットアップが必要な場合は実行します。

    MySQL のインストール後に、MySQL サーバーが正しく動作していることを確認するには、セクション2.10「インストール後のセットアップとテスト」 を参照してください。セクション2.10.2「最初の MySQL アカウントのセキュリティー設定」 の情報も参照してください。このセクションでは、MySQL 初期アカウントの安全性確保の方法を説明します。ユーザーがパスワードを割り当てるまで、このアカウントにはパスワードがありません。このセクションはバイナリ配布およびソース配布の MySQL のインストールの両方に適用されます。

  6. MySQL のベンチマークスクリプトを実行する場合、Perl の MySQL サポートが必要になります。セクション2.13「Perl のインストールに関する注釈」 を参照してください。

さまざまなプラットフォームおよび環境での MySQL のインストール手順は、プラットフォーム別に提供されます。