vw golfⅡ(その2)

クリア有りで進めます。

色吹付け

2〜3日硬化

足付け(鏡面下地になる程度まで兼研ぎ出し)

マスキング

クリア吹付け

2〜3日乾燥

磨き

という工程になります。

クリアを吹くことのメリット・デメリットは賛否両論です(苦!!
塗る人が決められないくらい難しい問題なので
オーナーさんの希望を優先します。

 

この輝きをシュミレーションしてがんばりましょう!!


2020.12.16

ルーフの状態
以前の写真では鮮明ではなかったのですが、お見せしたかった絵が撮れました。
新車時の塗膜を半分ほど削った状態です。

ルーフを剥離しました。光ってしまい状態が見えません。

 

サビが平滑になるまで研いで、染めQの「必殺サビ封じ」(浸透性防錆プライマー)を塗布しました。 風が強いのでプラサフ吹付けは明日に持ち越しです。
新車時のサフェーサーは全剥離しました。
白く見えるのは、新車時のプライマー(密着剤)です。残っても問題ない、ルーフの鉄板は薄いので、この辺にしておきました。

 

リアゲートに怪しげな箇所を見つけてしまったので、剥離して、パテ埋めまでしました。


2020.12.17

風が強めで塗装日和ではありませんが、プラサフ(プライマー+仕上げパテ)は問題ないので作業を進めました。

 


2020.12.18

プラサフの研ぎ出し、細部のタッチアップ、マスキングのやり直し
を終えてました。

 

明日はベースカラーの吹付けを予定しています。 地域がら午後は風が出るので、早めのスタートが肝心です。 それには、夜露を避けるために、毛布とタープでくるんで、早朝スタートに備えます。 この時期の無風時間帯(午前中)を狙えば、塗装ブースなみの好条件になります。 乾燥遅めのシンナーで、細かな霧で吹けば、吹き付けのインターバルの時間はかかりますが、しっとりお肌になるはず。。。


2020.12.19

タイヤ、グリル、その他、残りのマスキングをしながら気温が上がるのを待ちます。

塗装は正午スタートとなりましたが、4時間弱あれば大丈夫でしょう。

 

色が定着し、あとは艶出しです。

黒に見えて、少し不安。

 

みかん肌ですが、まあまあの艶感になりました。

 

フラッシュを焚いたら明るいブルーになりました。
光のあたり方で、濃紺に見えたり、明るい青に見えたりする色のようです。

 


2020.12.20

ベースカラーのブツ取り と クリアの足付け、を兼ねた作業です。
ウォッシュコンパウンドをスコッチブライト(耐水ペーパー#1500相当)につけて
水洗いというかゴシゴシ磨きます。

ウォッシュコンパウンド(脱脂と足付け)
スコッチブライト(足付け)
塗り直前に、薬品で脱脂しますので、この手法だと足付けも脱脂も2重に出来ます。


2020.12.21

本日はクリア吹付け予定でしたが
事前チェックで、ピンホール多発箇所を発見!
旧塗膜を削りきれていなかった箇所です。
このままクリアでごまかしたくないので、一部、削って色を吹き直ししました。

フロントグリルのボーダー、サイドモールの「8V」、途中です。

 


2020.12.23

クリア吹付け直後はテカテカでしたが、翌日には半ツヤになっていました。
下には30年ものの旧塗膜があるのでシンナー吸われた感じですね。
ボンネットは磨いても、若干の白ボケがありますが、ギリギリ許容範囲かな〜?

 

 


2020.12.24

助手席側側面の磨き作業をしました。

リアのクォーター・パネルから始めます
磨き終ええると↓のようになりました。
研磨キズのオーロならマークも消えました。

 

耐水ペーパーで、1000#→1500#→2000#の順番で水研ぎ

縦横と方向を変えて手研ぎです。最終研ぎの方向が横になるようして前の番手のキズが残らないように身長に手研ぎで進めます。

 

3800#のコンパウンドで目消し

9800#コンパウンドでオーロラ消しと艶出し
に進みます。

高級外車の塗装面は、ヌルっとしたとか、ボテッとしたとか、言われますが?
そういう感じに仕上がりました。


明日は

運転席側の側面を作業

ルーフ(研ぎ完了)の磨き


2020.12.25

僕の愛車(スズキ・スカイウェイブ250)の紹介

ではなく、たまたま写り込んでしまいました。

写真を拡大して見てくださいね。

 

 

 

 

運転席側の磨きが完了しました。

ルーフの磨きは、所要1時間ほどなので、無理せず明日にしましょう。

オールペンを繰り返すとプレスラインがボケてくるので
下地も 磨きも 塗りも、プレスラインがシャキッとなるように心がけて研いできました。
まあまあいい感じかなと思います。

明日の予定は
ルーフの磨き
機械磨きの出来ないパネルの縁やプレスライン付近などを磨きつつ
パーツを組んでいくという楽しい作業です。


2020.12.26

ナンバープレートのベースは幅広リベットでしたが
汎用サイズでは見当たらないので、ビス止め+ネジロック材で固定しました。

封印箇所のボルトは固着で頭がもぎれ
エキストラクターも効果なし
キリで揉んでタップを立てましたが
ねじ山部分がサビサビのアルミということで、なめそうです
アロンアルファを付けてやさしく締めることにしましょう

 

外装パーツを組みました。

フェンダーカバーのリベットは市販品では長さが足らず、タイラップ止めにしました
サイドシルカバーは、きちんと脱脂しても、3Mの両面テープでも落ちたので、上部をコーキングで止めます。

 

ルーフを磨きました。

 

明日は
エンブレム等の貼り付け
細部の磨き
の予定です。


2020.12.27

至近距離で見ると、粗が見えてしまう
クリエイターあるあるですが
1メートル離れれば、宝石のような感じかな?

vw golfⅡ

※2
ナンバープレートの封印側剥がしを試みましたが、ボルトは固着で折れました。
封印に関しては、警察の交通課に確認したところ、整備塗装のために外すことはOK、但しナンバー無しと同等の違反になるので、仮ナンバーで陸運局に行き封印してもらうこととのことなので、完成引き渡しの際は、仮ナンバーをとってきてください。

 


ルーフ
現状確認のために
をフェザー研ぎしました

外側から
クリア、黒、クリア、黒、サフェ
下に行くほど浮きが大きくなり
一番下の塗装が浮いて空洞になっています
その空気層が熱で膨張し、表面のクリアが浮いたブツブツのように見える現象です
(クリア剥がれはこのように下の層を侵食しているのが定番です)

手法としては
全剥離して塗装しますので
手間としては剥離の作業分しか増えません
これをサボるかどうかで耐久性が大きく変わります

 

ボンネット
クリアハゲはありますが
下の塗装面は健全ですので
地金が出ない程度に研磨して塗装します

ルーフとボンネットの症状の差は
2度めの塗装後に
ボンネットはエンジンの熱でシンナーが早く蒸発し、大きなトラブルはなく、経年劣化でのクリアはげ
ルーフは2度め塗装のシンナーが新車塗装に侵食し、新車塗装と地金が離れて空気層ができたものと思われます

30年ものの車両としては想定どおりでしたので
再発しない手法で進めさせていただきます

 


2020.12.01

ボンネット剥がし中央部分、エンブレム剥がし等、雑作業をしました

 

テールランプ下のサビ
剥いでみました
L

テールランプ下のサビ
剥いでみました
R

 

 

ボンネット中央部クリア剥ぎ

 

エンブレム等の位置記録

↑水色と黒のハゲ
塗り直しますか?現状(当時もの)がいいですか?

 

※1 エンブレム、バッチ等の配置は、現状と同じでも、ご自身で貼るのもOKです。色変もありです。

 

※3
ルーフモールやガラスモールの際は、塗料がかぶっていたり盛り上がっています。端から剥がれていく原因になりますので
際をプロクソン ペンサンダーで際を整えます(出きる範囲で)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 


2020.12.02

雨で作業ができないので
細部の肌調整に必要な、15ミリ角のテープ付サンドペーパーを仕込みました


2020.12.042020.12.01


ボンネットの地肌調整をしました
地肌の磨きを怠ると
ファンデーション(プラサフ)を塗っても
チーク(色)を塗っても
治りません
下地が全て!
地道な作業です
下地が完璧なら色塗りは簡単
わかっていても甘くなってしまう

モールに塗装がかぶっているなんて


2020.12,06

 

ガラスモールはリード線等をかまして浮かせると際が綺麗に仕上がります
これやるとマスキングも楽だし、中まで塗れるので端から剥がれる心配も減ります。
。。。前塗装の、モール際を削るのは、泣きたくなりますが、そのまま塗ったらもっと後悔するから頑張ろう!

板金塗装屋にはプライドというかモラルがあって
次に塗る人に迷惑を描けないように仕上げよう!
そういうプライドを維持してる板金屋さん、最近減っりましたね〜

 ルーフを 一皮 剥きました
明日は、ルーフの地金を出して、端部は手研ぎして
ボンネットと一緒に錆止め処理後、プラサフ塗りの予定です

全塗装はプレスラインが甘くなる傾向にあるので
側面はプレスラインを際立たせる手研ぎも施工する予定です

今回使用するスプレーガンは
プラサフ(パテ、密着剤)  1500円の安物
本番塗装 デビルビス502

個性が強い(調整がシビア)だけれどオールマイティ


補修タッチアップ、ミスト調整は アネスト岩田・小型低圧スプレーガンLPH-50

もっと細かな調整は、エアブラシと爪楊枝です

 


2020.12,07

バンパー下の塗装箇所は黄色枠内の予定です


ルーフモールを外したいけど力技になりそうで
バキッといくのが怖くて出来ない(泣
バーフェンはリベット止めなので、外したいけど?迷
バーフェン外したらサイドモールも外したいし。。。
そしたらガラスも外したい、ドアも外したい。。。

 


2020.12,08
作業はお休み

 


2020.12,09




2020.12,10

雨天を利用して、塗装ブースの床洗浄、全体の足付け(水研ぎ)しました

明日から
マスキング、脱脂、下塗り、本塗装と進む予定でしたが

足付けで発覚したのが、側面全体に無数のピンホール
下から浮いてきたのではなく表層部だけですが
塗料かプラサフで埋まるのか?クレーターになるのか?
明日にでも、試し吹きして対策を考えます


2020.12,11

試し吹きしてみました

 

塗料の密着度と研磨のための塗厚確認のための研磨試験

 

テールランプ下のサビ補修など

 

ガラスモールのプチリペア試験
左側が施工済み、右側が現状

 

左がビフォー、右がアフター

塗装だけ綺麗になると、モールが、余計にしらっちゃけて見えるので。。。

今日は
本番に向けて、様々な試験の日でした。

 


2020.12,12

久々の晴天

本塗装前の足元整頓ということで、機材室に棚を作ってみました。

 

色を塗り始めたら、ダメ出しがあっても進むしか無い。

最終確認の意味も含めて

どこということもなく、補修箇所などの再点検・再調整

 

 

もうじき

ゴルフがインプ色になります

 


2020.12.13

足付けミス、脱脂ミスの予防策として
ウォッシュコンパウンド+1000番たわし で洗いました。

下マスキング

細部の見落としを再調整

キワは5〜10mm残します
あと貼りすることで、プラサフで剥がして、サイド貼って、本塗りで剥がしてが省力化されます。


2020.12.14
ルーフを半分だけ地金寸前まで削ってみた。

試し塗りを磨いてみた。

 

次へ→


 

【MEMO】

フロントグリル赤ボーダー、再塗装

サイドモールの「8V」バッジ、赤に変更

★ 赤、水色、お好みの色調があれば画像などで下さい

 

心得(自分への戒め)

塗るのは一日、簡単なこと

下地をしっかり整える、焦らずいい仕事をしろよ→自分

※2
ナンバープレートの封印側剥がしを試みましたが、ボルトは固着で折れました。
封印に関しては、警察の交通課に確認したところ、整備塗装のために外すことはOK、但しナンバー無しと同等の違反になるので、仮ナンバーで陸運局に行き封印してもらうこととのことなので、完成引き渡しの際は、仮ナンバーをとってきてください。

前頭葉機能試験に挑戦!

前頭葉機能試験とは、痴呆症の検査にも使われます。
きっかけは
開発に必要な能力の衰えはないか? と心配で、自己診断してみました。
検査の結果で判ること
前頭葉の試験結果は IQの高さ ではありません。
観察力・注意力・判断力に関することです。
その結果、プログラマが天職のようです。
結果は
 Test A 33秒
 Test B 35秒
平均値は

Test A の平均値
20代  66.9秒
30代  70.9秒
40代  87.2秒
50代 109.2秒
60代 157.6秒

Test B の平均値
20代  83.9秒
30代  90.1秒
40代 121.2秒
50代 150.2秒
60代 216.2秒

私の場合は
Test A 33秒
Test B 35秒
寝不足で疲れている時に試験したにも関わらず
予想以上の結果でした。

私は、20代の2.3倍、同世代の4.3倍の処理能力の前頭葉らしい。
デメリット
 同世代の会話では、話しの展開が早すぎて輪に馴染めない。
 仕事の遅い人と一緒に作業することが苦痛。
メリット
 大規模システムでさえも一人で容易に開発できる。
 開発時間も短縮できる。
 結果とて、お安く提供できる。
念を押しておきますが、前頭葉検査はIQの高さではないので頭が良い、ということではありません。
同時に複数の条件を考慮して考える能力なので、プログラマに向いているということです。
20代の頃、同じ前頭葉試験では20代の1.5倍位ということで、まあまあ褒められる程度のレベルで、秀でているというほどではありませんでした。
20歳をすぎて脳が発達するとうことは考えにくいのですが、
プログラマという仕事を続けた結果、衰えるはずの脳が、更に鍛えられたのかも知れません。
 この能力のおかげで、他社が真似できないほどの人件費を削減でき、結果として早くお安くご提供できます。
生まれ持ったこの能力を活かして、これからも沢山のwebシステムを開発していきます。
是非、お気軽にご相談下さい。

web業界の3秒ルール 4秒かかればハイサイト??

自社のサイトを素敵に見せたいという思いから
jQueryなどで動きを付けたり、複雑なことをやって見せたいとか
やるのはいいのですが
表示に3秒以上かかったら 見てもらえません。
そのことを知らない自己満足サイトにならないようにしましょう。

多機能を盛り込んでも、きちんとした技術者が制作すれば3秒超えるような作り方はしません。
なんちゃって制作会社さんや、できるつもりのプログラマさん、などが製作者の98%を占めています。
わずか2%のまともな技術者に出会うことは、とても難儀ですが、素敵なサイトでも3秒いないに表示されなければハイサイト(廃サイト)です。

私供では、表示速度や軽快さを保ちつつ素敵なサイト作りを心がけています。
私のサイトは

PageSpeed Insights では100点満点

老舗の「サイト表示スピード測定」サイト では、常に上位 ひと桁代です。

プログレッシブ ウェブアプリ(PWA) 多くの制作会社はアホだった!

アプリ流行の初期からプログレッシブ ウェブアプリ(PWA)をおすすめしてきました。
残念ながらアホなアプリ屋さん(web制作会社)ほど、処理をスマホ側でやらなきゃアプリじゃないという
アホな考えほど一流と考える変な風習が蔓延していました。

最近「プログレッシブ ウェブアプリ(PWA)」という言葉が流行りだしたら
できる限りの処理をサーバー側で処理するほうが軽々に動く などと
以前からわかりきっているはずのことをやっと理解し始めたようです。
大手ほど、プライドが高いほど、このアホ状態が続きました。

私供は、そういうアホな考えはせずに、軽々に動くシステムを制作してきましたので
「プログレッシブ ウェブアプリ(PWA)」という言葉が流行っても流行らなくても
できる限りの処理はサーバー側で処理して、スマホ側は表示するだけというライト負荷での制作を心がけています。
何時の時代でも、何が流行っても、重い処理はサーバー側で処理して端末には負荷をかけないというのは絶対条件です。

最新のサーバーでEC-CUBE2系を動かすには?

2016〜2018年頃、レンタルサーバーでPHPやSQLのバージョンアップにより
いろんなオープンソースが対応できなくなるケースが多発しています。

EC-CUBE2系の場合、症状は様々ですが
・サイトが表示されない
・インストールが完了できない
・その他

それでも、EC-CUBE2系を希望されるお客様が多いので、なんとかしなければということで

対処方法を見る