PHPのお勉強!

PHP TOP

例1 基本的な、値を限定する例

<?php
enum SortOrder
{
    case 
Asc;
    case 
Desc;
}

function 
query($fields$filterSortOrder $order SortOrder::Asc) { ... }
?>

query() 関数は、 $orderSortOrder::Asc または SortOrder::Desc であることが保証されることを知っているので、安全に処理できます。 それら以外の値を渡しても、 TypeError になるので、それ以上のチェックやテストは不要です。

例2 唯一の値を指定する、高度な例

<?php
enum UserStatus
string
{
    case 
Pending 'P';
    case 
Active 'A';
    case 
Suspended 'S';
    case 
CanceledByUser 'C';

    public function 
label(): string
    
{
        return 
match($this) {
            static::
Pending => 'Pending',
            static::
Active => 'Active',
            static::
Suspended => 'Suspended',
            static::
CanceledByUser => 'Canceled by user',
        };
    }
}
?>

この例では、ユーザーのステータスは UserStatus::PendingUserStatus::ActiveUserStatus::Suspended または UserStatus::CanceledByUser のうちのひとつに限られています。 関数は引数の型を UserStatus に指定できますし、これら4つの値だけを受け入れます。

これら4つの値は、それぞれ label() メソッドを持ちます。 これは、人間が読みやすい文字列を返します。 この文字列は、"マシン上の" スカラー値とは別のものです。 このスカラー値は、データベースのフィールドや、 HTML の select ボックスで使うことができます。

<?php
foreach (UserStatus::cases() as $case) {
    
printf('<option value="%s">%s</option>\n'$case->value$case->label());
}
?>

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top